スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年04月22日

Magpul PMagとiPhone Field Case

 個人的な事情(本業へのモチベーション低下と副業のボランティア多忙)でしばらく手が回りません。

ネットサーフで見つけたネタで勘弁してください。

 MagpulのPMagのイヂメテストはYouTubefで出ていますが、この投稿者の方、個人的に同社のiPhoneのケースも偶然テストしちゃったようです。


 Magpulのケースに入れたiPHONE4を2階から偶然落としちゃったみたいです。しかし、なんともなかった、とMagpulにお礼を出しています(レポート形式)。
 チョッチ眉唾、ですが、Magpulではしっかりと、以下のように突っ込みを入れています。

”*please note in the text that while this story is awesome and a testiment(testamentの誤字か?) to our products WE DONT GUARANTEE that this sort of result will be consistent. He was lucky. We're thrilled, but damn he was lucky.*”
(ヘボ訳:「この記事にはご注意を。 というのもこのお話は実在ですが我々の製品テストのこのような結果を我々は保障しません。彼はついてましたがわれわれはひやりとしました。それにしても彼はクソがつくほどついてます」)

PMagイヂメYouTubeはこちら

  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(2)諸事情

2011年04月06日

M4 GBB計画発動 ゾンビーキラー その1

 HK416が出る前、短いM4のGBBが欲しいなあ、と考えておりました。パトリオットピストルでもいいのですが、”濃い”フレームとの組み合わせで考えていたところ、Stubbyのフロントキット+ゾンビーキラーというモデルを見つけました。

 これはいかにもPMC御用達。 ワルワル仕様です。 イベントやショップ、オクで投売り、中古のパーツを集めておりました。 中身はWAのソックリさんのAGMを流用することにしました。 ストックは仮決めでマグプルUBRをつけていますが、CTRかMOEみたいなスケルトンチックな奴がいいなあと考えています。 とりあえずガラだけ仮組です。

左側




右側




 イメージとしてはMP5みたいな感じで取り回し最優先、のコンセプトです。 なぞなのは、インピジメントシステムのガスチューブはどうやって処理しているのかがギモンです。 だって、フロントのRASの4/5はサイレンサーなんですよ?? アウターバレルが3インチもないんじゃないか、と思うんですが。 ご存知の方、教えてください。  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(2)M4<ガスブロ>

2011年04月03日

M4 GBB計画発動 HK416 その1

 捻挫で長いこと射撃訓練が出来ません。 なぜなら左足の足首なので体重がかけられないからです。 でくすぶっておりましたところ、GBBで長年欲しかったあのモデルのコンバージョンキットが出てるではないですか! HK416 M4のHKによる強化版。 ベンツで言えばAMG、BMWならアルピナみたいなものですよ。 

 M.I.U AIRSOFT(http://miu-airsoft.com/)さんに問い合わせたところ、丁寧なアドバイスつきのIRON AIRSOFTのコンバージョンキットの商品説明をしていただき、もうガマンできず、清水の舞台からジャンプしました。 で、セレクター部分の塗装をお願いしたらきれいに仕上がったものが届きました。 お値段もリーズナブルです。
左側



右側




 が、いきなりこんなキレイなものに手は出せない(フルオーバーホールはGBB、ACもありますが、オールコンバージョンは1回くらいです)ので、長年中古や投売りパーツで集めてきたゾンビーキラー+中華GBBで練習してから、ということになりました。  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(0)M4<ガスブロ>

2011年04月01日

傑作の古典

 KEIさんからリクエストがあったので、ワタシの取って置きのガンファイトミステリーをご紹介しましょう。

深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))
ギャビン・ライアル (著), 菊池 光 (翻訳)





出版社: 早川書房 (1976/04)
ISBN-10: 9784150710514
ISBN-13: 978-4150710514
ASIN: 4150710511
発売日: 1976/04

 古典です、ハイ。 でも、主人公がマウザーM712とか使っていたりとか、シトロエンDSが重要な役割を果たしていたりとか、第二大戦後の香りが色濃く残る傑作です。 初めて読んだのは17歳位だったけど、以来10回以上読み直してますが飽きません。
 ギャビン・ライアルもシリーズはどれも面白いですが、傑作はこれでしょう!

 Keiさん、既に読んでたらごめんなさい。  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(2)書籍

< 2011年04>
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール
ginkaku
ginkaku
 40過ぎたオヤジです。コクサイのスーパーウェポン>WAのBob・Chawと経路で劇的復活ですw。 学生時代には射撃部に所属、エア・ライフル撃ってました。 管理の手軽さからトイ・ガンです。
オーナーへメッセージ
Support Wikipedia
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人