スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2015年03月08日

コクサイ M66 2.5インチ

 コクサイのM66です。 ヤフオクで落としてきました。 M19、M66共に2.5インチの出品は多いのですが、4インチとかなかなかでないですね。 M29 とかパイソンはむしろ長い奴が多いですよね。




サイドプレートをはずして確認するとどうやら初期型の強バネが組み込まれています。


オリジナルのグリスも残っており、まずまず、状態はいいですね。

ここもはずしてばらしていきます。


バレルレンチですが、サイズもぴったりです。この部分をはずすとシリンダーラッチの内部パーツも自動的に取れてきます

グリップ以外のパーツ、全部ばらしました。 これから清掃とグリスアップです(完工はいつのことやら?)。





   


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(0)コクサイ(旧)

2013年08月06日

リボルバー対決! コクサイ編3

 勢いあまってもう今月はオク禁止!

パイソンは4インチ、ということでコクサイのパイソンです。この子は前期型の最終みたいです。が、シリンダーは非貫通。 この辺はよくわかりません。ご存知の方、教えてくださいませ。


 

 使われた形跡もありますがきれいなほうかと推察。ABSの磨き出しなるもいい感じです。




 グリップはプラですが、なんかすごい企業努力が感じられます。が、逆効果か?




 お決まり、弾速測定です。
気温:31℃ 
ガス:HFC135a(S2S製)
BB弾:マルシン MAXI 0.25g

31.0m/s 0.12J
33.0m/s 0.13J
34.0m/s 0.15J
35.0m/s 0.15J
35.2m/s 0.15J
33.0m/s 0.15J

 フムー。弾速計、調子が悪いのか? それともコクサイパイソンってこんな感じなのか??
  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(4)コクサイ(旧)

2013年08月04日

リボルバー対決! コクサイ編2

 なぜか、オクで競らずに一発落札だったこの子。 外観はよいのですが、ガスを込めてびっくり。ガス漏れ、と言うより、開放側のバルブが固着してるのか、入れるそばからダタ漏れorz 仕方がないので、いきなりフル解体です。 リボルバーは構造が意外とホンモノに近いせいか、ジジイにも判るんです。
 原因はノッカーバルブの組み付け不良? 再組み立てで再発せず。




 サイドプレートはSWならぬKSの刻印が...何もないよりマシかも。




 後期型ではセフティがハメ殺されていて機能しなくなっているのか??




どうも在庫品で使われた形跡がないので、弾速測定は期待できそう。
気温:31℃ 
ガス:HFC135a(S2S製)
BB弾:マルシン MAXI 0.25g

62.7m/s 0.49J
64.3m/s 0.51J
50.2m/s 0.31J
63.3m/s 0.50J
58.5m/s 0.42J
55.2m/s 0.38J

 マルイのM19に遜色ない性能ではないですか? これはびっくり。 しかし、もったいなくてマッチには出れないなあ...  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(2)コクサイ(旧)

2013年07月31日

リボルバー対決! コクサイ編1

 最近、オクで高騰気味のコクサイのガス・リボルバーを入手しました。 え、事前調査でダメ出されていてもパイソン、ポチりました。




 いろいろな方のブログを拝見すると、これは後期型のようですね。 メダリオンがシルバー、かつ、カートリッジのリムに刻印はないです。



 カートリッジは、モデルガン用の.38Spですので、念のため。 確かにマルイのパイソンに比べるとフレームに剛性感がない。たわみます。 が、雰囲気はサイコーではないかと。

 弾速を確認です。 確かにR仕様かと言うくらい低い弾速ですね。
気温:31℃
ガス:HFC134a
BB弾:マルシン MAXI 0.25g

36.6m/s 0.16J
39.8m/s 0.19J
38.7m/s 0.18J
36.4m/s 0.16J
36.4m/s 0.16J
35.9m/s 0.16J 

  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(0)コクサイ(旧)

2013年07月06日

コクサイ .357マグナム カートリッジとスピードローダー

 M19について来たカートリッジです。 リボルバならこれがないと話になりません。




 .357のカートリッジは2セット12本ありました。 .38Specialのカートリッジはモデルガン用でガスガンでは使えません。 でもシリンダーにロードして楽しめます。

 で、スピードローダーも別々に2個手に入りました。





  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(0)コクサイ(旧)

2013年07月04日

コクサイ M19 4インチ ガスリボルバ

 先日のアンリミでアツいバトルを披露してくれたリボルバ使いの方々。 Na6ceさんとか、ほんと凄い人ばっかりです。 で、影響されて、ヤフオクでポチりました。 コクサイのM19 4インチです。




 箱がボロボロでしたが、中身は意外ときれいな固体でした。




 しかし、初速は28℃、Maxi0.25g弾で21.5m/s 0.05J...しょぼい...

 しかも、独自のセフティでなえました。この部分のピンがそうなんです。




 これをこっち側から押し込まないと、エジェクターロッド内をつうじてシリンダーロックピンからセフティが解除されない...




 スピード系の競技ではつらいなあ...
  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(2)コクサイ(旧)

2011年05月03日

復活です

 本人のレベルゲージも上がりました。 依頼していたカスタム品も上がってきました。 ヤル気になりました。

 戦民思想工房にお願いしていたコクサイ スコアマスターの近代改修が完了、送っていただきました。 ないものは作りたいのですが、技術がないものはお願いするginkakuです。 当初はこんなに時間がかかるとは思わなかったのですが、フィッティング2回、打ち合わせ多数、の結果、1年以上の歳月をかけてのカスタムです。

 元は、オリジナルのグリップが気に入らないので、APSみたいなグリップを作ろうとしたのですが、各ブログの調査の結果、自分の技術力では不可能! と言う結論に達し、戦民思想工房にお願いしました。 イチイの木からの削りだしです。

パーソナルエンブレムを入れていただきました。




反対側




エンドの部分は別体でアテがつきました




親指のサポートのバックスキンは、工房主のサービスです。 いいお仕事です。




工房のサイン入りです。




 オリンピアより短銃身なので、このグリップのおかげで重心位置が後ろに寄りました。 なぜかKM企画のシアパーツやテフロンバレルが在庫してあるので、チューンも楽しみなところ。
 何せご老体ですし、APSの制式指定はないのでローカルマッチ主体になりますが、マッチにも出て行きたいと思います(かなり重いですが)。
  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(2)コクサイ(旧)

2009年12月06日

ゴールドメダリスト・2(スコアマスター)

 調べていくうちに、オリンピアにはスコアマスターという兄弟機がいることが判りました。 しかも短銃身で、ワルサーGSPにソックリ。 これも運良くヤフオクで手に入れました。お値段もお高くありませんでしたが、ちょっと小競り合いました。意外とまだ人気がありますね。
 オリンピアよりヤレが少ない機体でした。





 バランサーウエイトも無い代わり、重量もかなり軽い。 ワルサーの現物はトリガーの支点がトリガー下にあるのが特徴なのですが、ゴールドメダリストシリーズはいわゆる水平スライド式(M1911と同じ)なのですね。





 しかし引き金は相変わらず重いのですが付属のマニュアルでは調整できるようですね。 試しにやって見たいと思います。
  


Posted by ginkaku  at 20:20Comments(4)コクサイ(旧)

2009年10月18日

ゴールドメダリスト・1(オリンピア)

 来年度にはAPSに挑戦したいと思っています。 が、銃のセレクトを現在選考中です。 射撃競技のようなメンタルなスポーツは、機材が新しいことは大きな要素なのですが、決定的な要素でもないんですね。 ゴルフやテニスのように、経験値みたいなものが時としてモノをいうスポーツだと思います。 で、いろんな方のサイト参照させていただいて、いろいろと候補を考え中です。 エアライフルは少し経験があるので、まあいいとしても、エアピストルは未知の領域。 おもしろそうですねえ。
 KSC参戦以前と以後で時代を分けて、いくつか手に入れて試してみることにしました。 新しい機材ばかりは財政上買えないので。。。。

 とりあえずはコクサイの出していたゴールドメダリストシリーズに目が行き、程度がよい、欠品のないオリンピアを入手です。





 ワルサーのラピッドファイアピストルのようでかっこいいのが理由でしたが、本体の重量が重いこととトリガープルの強烈な重さです。 20年前位のワルサーの蓄気式のエアライフルそのまま。 こりゃー使えんなあと思っていたら、今年のAPSには出場してるし、過去には栄冠も勝ち取っているじゃないですか。 手に入れた機体は相応のヤレですが、手を入れてみることにします。





 個人的にはウエイトはいらないので銃身が短い方がいいように思えました。  


Posted by ginkaku  at 20:20Comments(0)コクサイ(旧)

< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

プロフィール
ginkaku
ginkaku
 40過ぎたオヤジです。コクサイのスーパーウェポン>WAのBob・Chawと経路で劇的復活ですw。 学生時代には射撃部に所属、エア・ライフル撃ってました。 管理の手軽さからトイ・ガンです。
オーナーへメッセージ
Support Wikipedia
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人