スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2013年07月10日

ビアンキ #3 IWB ホルスター

 ヤフオクで大枚はたきました。 ビアンキ#3です。 IWBタイプです。 デューティーリボルバーだったM19ではあまり見ないタイプです。 




ビアンキ、革がきれいでした。 前の持ち主の方の保管がとてもよかったようです。




 この刻印が泣かせてくれますね。




 今日、ビアンキ社はサファリランド社のブランドになっているようです。  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(0)ホルスター

2013年07月02日

IWBホルスターについて

 IWB(Inside Waist Belt)ホルスターはアメリカでは一番使われるホルスターではないかと思うのですよ。 コンシールメントに優れるから、銃の携帯を悟られませんからねえ。

 日本では一番使えないホルスターでしょうな。 すぐに抜けるホルスターでは、K察官の方にいろいろ聞かれますし、厄介に巻き込まれる種を作って見せびらかすようなものですね。 MiltSparksを始め、いい革ホルスターこそIWBなんですがねえ...

 M1911クローン、5インチ用のホルスターです。
 




 ベルトループがあって、これでホルスターをベルトに吊るすんですが、結構柔らかい革です。




 おや、ループに刻印がありますね。どれどれ。




 そうなんです、泣く子も黙る(?)、テッド・ブロッカー製です。 テッド・ブロッカーってレース用のホルスターだけかと思いきや、こんなものも作っていたんですね。知らなかった。  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(0)ホルスター

2013年06月24日

ビアンキ 010 Tactical Option

 e-Bayで見つけて欲しくなって見境いなし攻撃で落したのが、このサファリランド010。 通称”Tactical Option”。 実は初めて見たレースホルスターのイメージはこれでして... 先日の008とは瓜二つ、と言ってもいいかも。 ラミネート樹脂にバックスキンを裏打ちしてあります。 個人的には今でもカッコいいホルスターです。 表面は鮫肌というか梨地仕上げ、みたいでザラザラです。





 この代か、090から内部の爪が両持ちになってトリガーガードをくわえるようになったようです。




 裏側の刻印を見ると”GOVT”とあります。5インチとかスライド長表記ではないです。




マルイのM1911A1ですが、ぴったりです。




 銃口はぴったりうまくフロントカバー部に納まるようになっています。


  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(0)ホルスター

2013年05月02日

レース・リグ アーニーヒル

 今ではこんなごつい革のレースリグは流行ではありません。 重いし、調整する余地があまりに少ないからです。 海外のオークションでの説明文には下記の通りの記述が...
”I used this rig extensively in the late 80s - early 90s in USPSA/IPSC competitions. I tried a match recently and have decided to switch to a high-capacity firearm.”
 ハイキャパシティ対応ではないから、つまりシングルスタックでは不利、と言うことでしょうか??

 今回はベルト、ポーチ、ホルスターのセットで入手です。もちろん .45Auto用、5インチです。
ベルトはバスケット柄です。




40インチはさすがのデッ腹の私でも大きいんですがねえ...余ります。




ポーチは、かつてMGCでも同じデザインのものが(あっ、こっちが元祖か)。




ホルスターのアウトサイド。これもバスケット柄。




インサイド側。意外ときれいです。




 しかし、新品ならいくらで買えたか想像できないです。かなりの値段ではなかったかと。 今時、こんなつくりの革製品ってないんじゃないですか?  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(0)ホルスター

2013年04月30日

ビアンキ アスキンス・アヴェンジャー

 ビアンキ、といえば、今では自転車の方が一杯ヒットします@ネット上。しかし、ビアンキといえば、自分にとってはホルスターでしょう。

 ネットオクで”Bianchi #4L Askins Avenger .45 Auto”が手に入りました。 80年代の製品ではないかと思いますが、なかなか手に入りません。 新品は無理でもかなり程度がいいものは探せば入手できるようです。
アウトサイド




インサイド




ノーマルダストカバーを挿すとぴったりですね。





調べてみると、アスキンスタイプ、として新品が手に入るようです。 やはりデザインがすぐれている、と言うことでしょうか??
ブラックホークが”COMPACT ASKINS LEATHER CONCEALMENT”として製品化しています。
http://www.blackhawk.com/product/Compact-Askins-Leather-Concealment,1170,1418.htm  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(2)ホルスター

2013年04月27日

サファリランド012

 008に比べるとかなり近代化した012。 調整できるポイントもずいぶん多いですね。 しかし、機械加工の跡やらやすったあとにイキナリ塗装のようなところもあります。

アウトサイド側全景




ガンホルダ金具。008と同じコンセプト。ただし爪が両側になっている。




とめねじも同じ関係ですね。




インサイド側




ベルトアタッチメント。湾曲が二次曲線になっていますね


  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(0)ホルスター

2013年04月23日

サファリランド008 "Final Option"

 ネットオクで落札した008。 80年代の雑誌で見た覚えがありますが、現物を手にしたのは初めてです。しかもいいコンディションです(未使用か?)。 "Final Option"のネーミングにサファリのやる気を感じますね。




内側はバックスキン張りです。




下側にはロック金具の止めねじがあります




インサイド全景




ベルトアタッチメント部。きれいに湾曲させてあります。




ガバメント、とかいてあります。つまり、5インチ用?確かに5インチでぴったり




ベルトラインに対してガンは垂直に保持されています。角度変更不可。


  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(0)ホルスター

2013年04月21日

サファリランド レースホルスタ今昔 008と012

 我が家を発掘するとホルスターが結構大量にありますねえ。

レース用も結構あります。サファリランドはなかなか入手しずらい割にあったりします。
012はレース用として使用されている多々も多いですね。 そんな012のご先祖の008を入手しました。 奇跡のような未使用品!




 意外と製品コンセプト、というか理屈は変わっていないのですね。













  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(2)ホルスター

2013年04月14日

チョイ変わったホルスター Sickinger?

 変わったホルスターが我が家にやってきました。 レース用のホルスターでリボルバー用なんてそうそうありません。 SafariLand002か、Rescomp位です、見たことあるのは。

 ところがネットサーフ中に発見したこのホルスター、革製なんですよ。 スチールのインナーもあって、がっちりしてるんですよ。
アウトサイド




インサイド




ところがM19を挿すとかなり緩い。 トイガンでも落っこちそうな危うさ




うまくするとベースつきのダットサイトつけてもいけそうではあります。




 Sickingerというオーストリアのホルスターメーカーで1851年創業らしいですね。http://www.sickinger.at/Sites/home.htm カイデックス製もあるみたいで、充実のラインですが、いかんにせん、ドイツ語。サイトがあっても、ねえ。

 送料込み、$55ほど。

  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(0)ホルスター

2013年04月12日

サファリランド560

 ホルスターもとりあえず、トラッド装備です。

使い慣れたサファリランド560 ”カスタム・フィット” です。 本来はグロック17とかHK USP用なんですが、1911系でもゆるくて「チョウドイイ」んですよ、これが。

 2009年ごろ入手した記憶があるのですが、パドルにも皮製と思しきライニングが施してあります。 最新の568はカイデックスむき出し。 コスト削減か? ちょっぴりさびしいですね。 革のホルスターって流行ぢゃないんですが、ブラックホークとかでもレザーホルスターありますからね。 カイデックスでもいいのはありますから、好みかなあ??  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(0)ホルスター

2013年04月05日

サファリランド568

 サファリランドのホルスターが届きました。 新品(^^♪

 568-09-411という奴です。
リボルバー4インチ対応で、
Colt: KingCobra,Python,Trooper
S&W: 10,12,13,15,19,64,65,66,67,etc
とか。


最近はリボルバー用の新しいホルスターって、ないですよねえ。 中古品はすごい値段です。e-bayでビアンキのレザーホルスターのボロイの、$40以上ですよ? 競り負けちゃってorz  


Posted by ginkaku  at 19:11Comments(2)ホルスター

2010年12月21日

SP2022のホルスター

 カイデックスホルスターになってから、ホルスターの使いまわしができず、専用が増えました。 SIGでもP22x系は、各社ホルスターをこぞって出していますが、SP2022はさびしい限り。 ブレードテック、BHI、あとフランスのGKプロ社位では? SP2009の時にはガルコ社の革の物を使っていましたがどこかへ言ってしまいましたorz
 今回は、ブレードテックのものを頼んでみました。




テックロックでベルトに固定できるタイプです。




 ブレードテックのホルスターはエアガンとの相性もよく、ロックするトリガー部分は多少擦りますが、他の部分には擦り傷は残りません。 ピッタリでした。




追記:ベレッタPx4のホルスターもラインナップされています。 赤羽フロンティアさんで扱いがあるようです。(http://frontier.militaryblog.jp/e181940.html)  


Posted by ginkaku  at 20:20Comments(0)ホルスター

2010年09月11日

MiltSparksの入手方法

 まずはお詫びです。 <(_ _)>

 仕事にかまけて、暑いので、コメント欄をチェックしていませんでした。そしたら、MiltSparksのお問い合わせ、感想のコメントを一杯いただいておりました。ありがとうございます。またレス出来なかったair jordin sparks さん、アンディ・ライアン さん、SonnyCrockett さん、申し訳ありませんでした。

 我が国ではコンシールメントキャリーを行うことはないです。青い制服のオヂサンたちと厄介になるからですね。

 私は、ブログのお気に入りにある”Brownells(http://www.brownells.com/)”から仕入れています。 ココは一定数のSummerSpecial2をMiltSparksに発注しています。種類はM1911の5インチ、コマンダー、オフィサーズ、グロックの26/27、19/23、17/22の6種類のみ。プライスは$89.99~$95.99です。
 ホントはミルトスパークスにオーダーシートをFaxするのですが、かなりの慣れ(銃の種類、バレル長など細かに指定するみたいでよく判りませんでした)、英文読解力が必要で、しかもバックオーダーの締切りが毎月月初で、バックオーダーも受け付けてくれないので下手をすると3ヶ月位待つことになります。

M1911シリーズ3種類です。



左からオフィサーズ、コマンダー、5インチと並んでいます。

在庫が切れていてもバックオーダーにすれば1ヵ月後には入手できます。 送料はUS.POSTAL Serviceを指定して約$8です。 宅急便(UPS)だと早く着きますが、送料もバカになりません。

因みに、今は絶版となったSummerSpecialはループが一本でした。



 左はブローニング・ハイパワー用のSummerSpecial、右はM1911 5インチ用のSummerSpecial2です。

 サイズが近い銃は使うことが出来て、コマンダー用であればSFAのローデッド・チャンピオン或いはウィルソンプロフェッショナル、オフィサーズ用であれば、SFAのV10ウルトラコンパクトあるいはコルトディフェンダーもいけるようです。  


Posted by ginkaku  at 20:20Comments(0)ホルスター

2010年06月10日

革のホルスター その1

 最近のホルスターはカイデックスが主流ですが、やはり革のホルスターはいいものです。 物欲なココロを満たしてくれます。 日本で数少ない革ホルスター職人でいらっしゃる「レザーアートKEIN」さんにお願いして作ってもらったホルスターが届きました。 ベルトホルスターでレース使用前提でお願いしたものです。
 バスケット柄が80年代の頃を思い出しますね。



 とはいえ、ちゃんと20年分進化しており、ホルスターの角度は自由度が高く、調整出来る様になっています。



しかも裏地はキレイなスゥエード仕上げ。




 何用かは次回、ということで。  


Posted by ginkaku  at 20:20Comments(0)ホルスター

< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール
ginkaku
ginkaku
 40過ぎたオヤジです。コクサイのスーパーウェポン>WAのBob・Chawと経路で劇的復活ですw。 学生時代には射撃部に所属、エア・ライフル撃ってました。 管理の手軽さからトイ・ガンです。
オーナーへメッセージ
Support Wikipedia
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人